Faq | よくある質問

エクセルシオール秦野への入居について、施設等へのご質問をおまとめしました。
こちらで見当たらない質問、よく分からないことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

■ 入居とお食事について

Q
:入居条件はどうなっていますか?
A
:年齢は原則65歳以上となりますが、介護の度合いによる入居条件はございません。
認知症の方、寝たきりの方でもご入居いただけます。
一部の感染症状をお持ちの方、常時医療行為を必要とされる方につきましてはご相談ください。
Q
:入居に必要な物は?
A
:診療情報提供書、ご本人確認資料(ご入居者、ご契約者、身元引受人、返還金受取人については、住民票、運転免許証、パスポート写し等)をお願いしております。
Q
:入居一時金や月々の利用料金等の支払いについて
A
:入居金は契約締結後にお振込みをお願い申し上げます。
それ以降の料金はお客様指定の口座から引き落としをお願いしております。
Q
:入居一時金と返還金について
A
:入居一時金の償却期間は5年(60ヶ月)です。
返還金の算定方法は次の通りです。
1.入居一時金償却期間内に退居される場合
  入居一時金×70%÷(入居日の翌日から償却期間満了日までの実日数)×(契約終了日から償却期間満了日までの実日数)
2.入居金償却期間を超えて入居の場合
  返還金はなく、入居金の追加徴収は行いません。
3.入居後3ヶ月以内に退居される場合
  入居一時金は全額返還いたします。
  ただし、老人福祉法施行規則に従って短期解約特例を定め、目的施設の1日当たりの利用料として入居していた日数分
  別途いただきます。
  目的施設の1日当たり利用料は以下の通りです。これは入居一時金のうち返還対象部分を、1月30日として償却月数で
  割り返した額です。
  ※1日当たりの利用料
  18m² (2,400,000円-720,000円)÷60ヶ月÷30日=933円
  19.2m²(2,550,000円-765,000円)÷60ヶ月÷30日=992円
Q
:入院等の長期不在について
A
:お部屋はそのまま確保され、元のお部屋にお戻りいただけます。
但し、管理費、家賃等は通常お住まいの場合と同様にお支払いをお願いしております。
Q
:毎日の食事はどうなっていますか?
A
:施設にて調理したものを、食堂で召し上がっていただいております。
普通食以外にも、お身体の状態に合わせたお粥、治療食等のお食事をご提供いたします。
苦手な食材や、メニューは事前にお伺いし、代替料理をご用意させていただきます。 (有料の場合あり)
Q
:飲酒・喫煙はできますか?
A
:当施設は禁煙施設です。飲酒はお部屋でお願いしております。

■ 生活全般に関すること

Q
:お部屋の清掃・お洗濯等について
A
:ご入居者に清潔で快適な毎日をお過ごしいただけるよう、お掃除・ベッドメイクは当ホームスタッフが行っております。
お洗濯物に関しましては、クリーニング業者に委託させていただいております。(水洗いが可能な物の洗濯については管理費に含まれているため料金が発生しません。ドライクリーニングが必要なものについては別途料金が発生します。)
Q
:入浴について
A
:ご入居者のお身体の状態に合わせて、個人浴室、特別浴室、一般浴室にてスタッフが丁寧にサポートさせていただきます。
Q
:外出・外泊について
A
:特に制限はございませんが、食事のご用意などがございますので、事前にスタッフにご連絡をお願いしております。
Q
:面会の時間について
A
:面会時間はできるだけ午前9時から午後6時までの間にお願いしておりますが、事前にスタッフにご連絡下さればこの限りではございません。
Q
:レクリエーションについて
A
:施設内でのカラオケや映画鑑賞をはじめ、毎月の季節行事なども盛んに行っております。
Q
:買い物について
A
:毎週買い物の日を設け、送迎バスをご用意したり、必要物の購入を承ります。
Q
:介護保険申請等の各種手続き代行について
A
:施設職員がご入居者の代行として各種手続きを行います。

■ 医療体制に関すること

Q
:医療的な対応について
A
:協力医療機関との連携により、ご入居者の健康をサポートし、病気の予防・早期発見のお手伝いをします。
さらに看護スタッフが薬の管理や日頃の生活の様子・健康不安の訴えや症状に対し、適切なアドバイスをさせていただきます。
Q
:入院時の対応について
A
:入退院時の手続きは、原則ご家族にお願いしますが、準備や洗濯などのお世話をスタッフが行い、ご家族に負担の軽減に努めます。
Q
:緊急時の対応について
A
:すべての部屋やトイレ(浴室)にケアコール(ナースコール)が設置されており、緊急時には介護センターとスタッフの業務用携帯電話(PHS)に通知され、適切かつ必要に応じた対処を行います。
▲ トップに戻る